赤えんぴつ

crystalrabbit

赤えんぴつ  

 

 算数のテストがあった。二けたの足し算だ。25足す17。36足す23。繰り上がりもある。繰り上がりのないものもある。でも、どれも100を越えることはない。……このような問題が20個ある。筆算だ。まず1の位からやる。そして10の位を書いて終わりだ。

「はい、やめて。」

 みな終わって、ぼんやりしていると、先生の合図で鉛筆をおいた。2Bの鉛筆は、やわらかくて好きだ。書いたあと、白いテスト用紙の上に残っている字が、黒く光って気持ちがいい。

「それじゃあ、赤鉛筆を出して。」

 先が丸くなっているが、書けないことはない。一番の答えの上に、テスト用紙から少し浮かせて、先生が答えを言うのを、耳を澄ませて待つ。合っている。やさしい問題だから。でも、先生が答えを言ってくれてから、○をする。なかなか先生は答えを言ってくれない。

 となりを見る。宏美ちゃんは筆箱の中をのぞいたり、カバンの中に手を入れたりしている。それから、黒鉛筆を持った。あきらめたのかなと思ったとき、問題用紙に書いてある宏美ちゃんの答えが見えた。

「これ使えよ。」

 宏美ちゃんだけに聞こえるような声で、赤鉛筆をもっている手を伸ばした。

 首を振るだけで、手を出さない。

「いいよ。使えよ。」

 また、小さな声で言った。今度は手を伸ばしてきたので、わたした。

「一番、42。」

 少し遅れたが、黒鉛筆をもって、さっと○をした。ちょっと左を見ると、宏美ちゃんの手が回った。うれしかった。

「二番、59。」

 先生の声は続いた。20番を○をして100点と書いた。

 黒い鉛筆の○が数字の中に埋もれている。○には違いない。

「これ。」

 宏美ちゃんのほうを向いた。笑っている。嬉しかった。

 喜んでもらえてうれしかった。笑顔がすてきだった。宏美ちゃんに喜んでもらえただけで嬉しかった。

 何と言っていいかわからなかったので、目を反らせた。

 宏美ちゃんは、いつまでも僕のほうを向いていた。

 

「あら、赤鉛筆なくしたの。」

 まずいときに、ママが入ってってきた。

「別に。」

「あるじゃないの。どうしたの。」

「別に。」

 嘘は言えないが、答えないことはできる。crystalrabbit

広告を非表示にする