雪わたり

crystalrabbit

雪わたり   

 

 ひゅう ひゅう ひゅるるん 

    ひゅう ひゅう ひゅ 

 ひゅう ひゅう ひゅるるん 

    ひゅう ひゅう ひゅ 

 

 日本海から吹きよせる風が、木立にあたって笑っているような朝だった。

 

 揺れているのはだあれ。

 

 顔を上げたわたしに 白銀の世界がまたたいていた。

 薄(ススキ)が一面におおっている枯野。その 枯野に雪が積もって、白い世界ができた。

 

 その日、わたしは熱を出して起きれませんでした。

 窓をあけた縁側から、銀色の輝く世界が一望できます。

 せっかく母の実家に行っていながら、わたしだけが病気で、一人さみしい思いをしていました。

 

 ひゅう ひゅう ひゅるるん 

    ひゅう ひゅう ひゅ 

 あいかわらず、日本海から吹いてくる風が笑うように、鳴っているのに、こちらには風は向かってきません。家の後のほうに植えた防風林が揺れている音でしょうか。

 

 朝日がまばゆく銀色の世界を照らします。 その朝日の中に、動いているものがあります。人形のように、色とりどりの服を着た、小さな人は何でしょう。

 それはまるで妖精です。

 いえ、妖精なんかじゃありません。

 ゆきわたり。

 ゆきわたり、と言います。おさない日に、寒い夜、祖母から聞いたゆきわたりだったのです。

 ひゅう ひゅう ひゅるるん 

    ひゅう ひゅう ひゅ 

 さっきから聞こえているあの音は、防風林の音ではなくて、ゆきわたりの踊る音だったのです。crystalrabbit

広告を非表示にする