四十島

crystalrabbit

十島    

 

 夏の暑い日のことでした。太陽はまだ真上にきていないのに、正午のように暑い日でした。

 秀ちゃんは、庭においたビニールプールに水をいっぱい入れ、その上にゴムボートを浮かべて遊んでいます。

 黒猫ピョンは、さっきまでプールの中にいたのですが、今はとなりの芝の上に腹ばいになって、ぬれた身体を乾かしています。

「ピョン、入っておいでよ」

「いやだ。しばらく休むよ」

 ピョンは声を出すのもおっくうなくらい疲れていたのです。プールの中にいる時間が長すぎたのです。

 でも、秀ちゃんは元気な子で、何時間プールに入っていてもへっちゃらです。

 ぬれた身体に、強い日差しはとても気持ちがよく、ピョンはもう少し、ここで休もうと思いました。

「こんこんこんの今晩は!」

 コン太きつねの登場です。コン太きつねはいつものように、カイヅカイブキの三角形の葉の下のすきまを、するりとくぐりぬけてやってきました。

「おい、コン太、まだ昼間だよ」

「おっと、こりゃまた間違えた。もう、習慣になっちゃってね」

 と、コン太は秀ちゃんの入っているプールに近よってきました。

「こんこんのコンニチワじゃいけないの?」「そうかなぁ。でも、お休みコン太さまとしては、今晩わのほうが、ぴったりこんだものねー」

「でも、明るいときに今晩わー、はないよ」「秀ちゃんの言うとおりだな」

 目をとじていたピョンが口を開きました。眠っているように見えても、話し声はよく聞こえていたのです。

「ピョンにまで、そう言われるとしかたがないや。……ところで、秀ちゃん大変なんだ」「どうかしたの?」

「さっき、トンビのピーヒョロが来て言うんだ。四十島のうささんが、食べ物がなくなって困っているんだって!」

「今年の夏は雨が降らないからね。きっと草が新しく生えないのだよ。……あそこは無人島だから、このままほっておくと、ウサウサは死んでしまうよ。すぐ、救けに行こうよ」 秀ちゃんは、珍しくすぐに決断しました。「そうと決まれば、ありがたい。さっそく出発だ」

 コン太も晴れ晴れした気持ちで、秀ちゃんのほうを見ています。

「秀ちゃん、僕も行くよ」

 いつのまにか黒猫ピョンが目をあけていま

す。

「もちろんだ。こういうときは力をあわせてみんなでやらなくっちゃぁ」

 コン太が言いました。

 秀ちゃんは、さっきまで遊んでいたゴムボートをもって歩き出しました。

 コン太とピョンがあとを追ってきました。「秀ちゃん、半分もつよ」

 コン太がゴムボートのうしろを口でくわえてもちあげました。

「助かるよ」

 秀ちゃんはゴムボートの前で、手をうしろにしてもって、前を行きます。

 坂を下り、山道を登り、やっと海岸に着きました。秀ちゃんの家から、もっと近い海岸はありますが、四十島に最も近い海岸を選んだのです。

 向こうの海岸には夏になるといつも泳ぎに来ていますから、秀ちゃんはよく知っているのです。このあたりには、泳ぐ人はだれもいません。

「ピョンが先頭だ」

 こう言いながら、秀ちゃんはピョンをまず乗せます。そしてコン太を乗せて、波打ちぎわで、ゴムボートを沖のほうに向けて押しました。最後の一けりで、力いっぱい砂浜をけると、秀ちゃんはゴムボートに飛び乗りました。そのはずみでボートは大きくゆれましたが、すぐにそのゆれはおさまりました。

「さあ、コン太こいでおくれ」

 秀ちゃんが言いました。         オールをもっているコン太は思いきってこぎはじめました。緑の海水が、小さな泡をたてながらうしろに押しやられていきます。

「今日は波がなくてよかったね」

 ピョンはそう言いながら空を眺めました。「こぎやすいね」

 コン太は精一杯こいでいます。ゴムボートはどんどん岸辺から遠ざかっていきます。

「おいコン太、方角が違うよ」

 秀ちゃんが言うと、コン太はうしろをふりかえりました。

「あ、いけねぇ。こっちじゃなかった」

 コン太は、ゴムボートが左へ回転するように、右のオールに力を入れてこぎました。

 しかし、ゴムボートは左へ曲がってくれません。まっすぐに進んでいるだけです。

「あれっー、秀ちゃん流されているよ」

 コン太がふりかえって言いました。

「こりゃあ大変だ、反対方向へ流されているぞ。だめだ。コン太、引き返そう」

「え? それじゃあ、ウサウサはどうなるんだ? このままほっておくと、ウサウサが死んじゃうよ」

「ウサウサを救けに行くのをやめるのじゃないよ。このまま行くと反対方向に流されるだけだから、一度帰ってやりなおすだけだよ」「うん、それならわかった。よし、引き返そう」

 コン太はオールの片側を思いきりこいで、ゴムボートを回転させました。しかし、思うようにゴムボートは進みません。

 少しずつ流されているのでした。

「コン太、もう少し強くこいでよ。この調子じゃ、帰れないぞ!」

 秀ちゃんが大きな声を出しました。

「うん、わかった」

 コン太は顔を赤くして、ぐいぐいとこぎました。ピョンはじっと黙ったままで、コン太を見つめていました。

 少しずつ、ゴムボートは岸辺にむかって進みはじめたのです。

「いいぞ、その調子。もうちょっとだ!」

 秀ちゃんがコン太を応援します。

「ああ、ここまでくればもうだいじょうぶだ。流れの遅いところに戻った。このまま進んでくれ」

「ああ、くたびれた。危ないところだった」 コン太が大きく息をしながら言いました。しかし、コン太の手は休みなくこぎ続けられていますから、ゴムボートはどんどんと岸辺にむかって進みました。

 海岸線に近くなると、ピョンがジャンプして飛び降りました。そして秀ちゃんが下りてから、ゴムボートを持って固定しました。

 コン太がオールをゴムボートの中に入れてから、砂浜に上がってきました。軽くなったゴムボートを秀ちゃんが引っ張り、反対側をピョンが持ちあげて、波にさらわれないように、砂浜にあげました。

「困ったな」

 秀ちゃんが顔にかかった潮水を左手でふきながら、コン太とピョンを見つめました。

…………

…………

 コン太もピョンも黙ったままです。

「潮の流れが速すぎるんだ」

 秀ちゃんは海のほうを見て言いました。三つ小島の岩礁の一部が白く見えるのは、波があたって砕けているのです。潮はあおあおとして、ゴミひとつありません。砂浜に押し寄せる波も静かです。

「でも、このままじゃ、ウサウサが困るんだろ?」

 ピョンがさみしそうな表情で秀ちゃんを見つめています。秀ちゃんはピョンの言っていることはよくわかっているのですが、何も言わずにいます。なにかを考えているのでしょうか。

「そうだよ。とにかく急ぐ必要がある」

 コン太にも、最初の元気はありません。四十島に渡りたいのはやまやまです。でも、コン太にもいいアイデアがありません。

「とにかく、このゴムボートで渡るという計画はとりやめだ。そのことは仕方がない」

 ゆっくりと、秀ちゃんが、のどから声をしぼりだすように言いました。

「四十島に残されたウサウサはどうするんだ?」

 ピョンが泣きそうな、弱々しい声をあげました。

 秀ちゃんは、黙ってピョンのほうを見ていましたが、口を開いたときは、元気よく、

「まず、トンビのピーヒョロにようすを見てきてもらおう」

 と言いました。

「そうだよ。すぐに、たのんで来るよ」

 こう言ってコン太は砂浜を駈けて、白たき山のほうに向かって行きました。

 コン太は大急ぎで白たき山を登って行きました。タヌキ村に行く途中に、トンビたちのお家があるのです。昼間は大空を飛び回っていますが、ときどき休みに帰る仲間もいますから、そこへ行けば、たいていトンビのピーヒョロに連絡はつくのです。

 コン太がハァハァーと息をしながら、トンビのお家に着いたとき、やはりピーヒョロはいませんでした。しかし、他の仲間がいて、さっそくピーヒョロを呼びに飛びたちました。 コン太は身体から汗が吹き出しているのがわかりました。しかし、ふもとから吹き上げてくる風に、汗が乾いていき、気持ちよく感じました。

 今登ってきた下のほうに、海が輝いて見えます。潮の流れが筋になって、あちらへ曲がりこちらへ曲がりしています。

「コン太、どうだった?」

 コン太が休んでいると、ピーヒョロがバサバサと羽音をたてて戻ってきたのです。

「それが、流れが早くて、ボートが流されてしまうんだ。もう一度作戦の立直しをするよ。ウサウサが大丈夫か見てきておくれ」

「わかった。すぐに戻って来るから、ここで待ってろよ」

 そう言うと、ピーヒョロはさっと舞い上がり、四十島めざして飛んで行きました。

 四十島は青い海の中に浮かんでいます。松の葉が緑に見えます。島の周囲は岩でおおわれています。

 ピーヒョロは四十島に近づくと、空から、ウサウサをさがしました。上からは見えません。きっと木の下にいるのだろうと、思いました。それで、大きな声で、ウサウサを呼びました。その声が聞こえたのか、ウサウサは木の下から出てきて上を向きました。

 ピーヒョロは急降下をしてウサウサのとなりに下りました。

「さっき、ボートで助けに来ていたんだが、流されてしまったそうだよ」

「知ってるよ。僕も見ていたから」

「どうだ。あと何日くらいもちそうか?」

「もうほとんど食べるものはなくなった。明日の朝まではあるが、それから何も食べるものがないよ」

「そうか。それなら、今日中に向こうにわたらなくっちゃあいけないな。頼んで見るよ」 こう言ってピーヒョウロは飛び上がりました。そしてまた大急ぎで、コン太の待っている、トンビのお家のほうへ飛んで帰りました。午後の太陽がぎらぎらと輝いています。

 ピーヒョロから、報告を受けたコン太は大急ぎで、秀ちゃんのお家まで走って行きました。

「そう、それなら何がなんでも今日中に四十島にわたろう。コン太、ピョン、いい方法がないか考えろよ。僕も、もちろん考えるけどね」

「ピーヒョウロがウサウサを運ぶというのはどうだろう」

「ウサウサではもう大きすぎて、無理だと言ってるよ」

「ピョン、何かいい知恵はないか?」

「急に言われても無理だよ、秀ちゃん」

「二人の仲じゃないか。考えてくれよ」

「また、秀ちゃんのごり押しが始まった。悪いぞ秀ちゃん!」

「別にいじめるつもりなんかないよ。ただ、何とかしてウサウサを助けてやりたいと思っているだけだよ」

「ロープを四十島にわたしてそれを木にくくりつけてから、それを引っ張るというのはどうだろう」

「帰るときに、またどこへ流されるかわかったもんじゃないよ」

「こちら側にも木に結んでおくんだ。帰るときは反対に引っ張ればいい」

「そうだ、ロープを伝って、四十島まで行き、ウサウサをつれてもどればいい」

「うんなるほど。それなら流されずに行けるし、ウサウサを乗せて帰って来れる」   

「よし決まった、ピーヒョロに連絡するから、秀ちゃんはロープの準備だ」

 こう言ってコン太は飛び出しました。

 秀ちゃんとピョンが、ゴムボートとロープをもって、さきほどと同じ海岸に来たときにはすでに、ピーヒョウロはその上を旋回していました。

 秀ちゃんとピョンが着いたの見て、ピーヒョロは下りてきました。

「ロープを張るのなら、四十島にいちばん近いところまで行こう」 

「あその岬がいい」

「木が生えているので、ロープをくくるのにいいよ」

 ということで、一度砂浜からアスファルトの道路に出てから、海岸伝いに岬のほうへ歩いていきました。砂浜がきれて、テトラポットで護岸された海岸は、コンクリートの堤防にそって、細い道が岬へと続いていました。 ピョンと秀ちゃんが、ゴムボートの上にロープをのせて運びました。それを見つけたコン太が走ってきました。

「遅くなってごめんよ」

 と言いながらコン太はゴムボートの上からロープをとりひとりでもちました。

 上空にはピーヒョロが口笛を吹きながら舞っています。

 山道を少し昇っていくと、まもなく岬の先端に出ました。先端の崖の下は海で、ここがいちばん流れの速いところです。

 少し回って、岩場づたいに最適地をさがします。おおきな岩が平たくなっているところがありました。

「おーい、ここだよ」

 コン太が手を振ると、ピーヒョロが下りてきました。

「ここならいいね」

「あの松の木に、ロープの端を結んでよ」

「よしきた」

 こう言いながらピョンがロープをもって、松の木の近くへ行きました。

「帰りはこれを引っ張って帰るんだから、しっかり結んでおけよ」

 コン太が言いました。

「大丈夫、これで解けることもあるまい」

「さあ、ピーヒョロ、これを四十島までもっていって、ウサウサと協力して、岩か木にしっかりと結ぶんだぞ」

「わかった。結んだら、すぐに戻ってくるからそれまで待っててよ」

 ピーヒョロはロープの端をつかむと、さっと飛びたちました。

 青い海の上を弓状のロープが、向こうの四十島にむかって伸びていきます。

「ロープは十分あるのだろうか」

 ピョンが言いました。

 やがて、ピーヒョロの姿が木の影になって見えなくなりました。

「うまい具合にくくれるかな」

 みんなは、今か今かとピーヒョロが出てくるのを待っています。

 やっと出て来ました。 

 小さな姿が大きくなると、秀ちゃんたちが待っているところにさっと下りて来ました。「しっかり結びつけたよ」

 ピーヒョロが言いました。

「コン太はここでこちら側で、よく見ておくんだ」

 秀ちゃんが言いました。

「うんそうしよう」

「ウサウサを乗せて帰ってくるときは、こちらからもロープを引っ張るんだ」

「わかった」

 コン太はこう言うと、すぐ近くの松の木の下まで行って、ロープを伸ばしてちょうどよいようにしました。

 秀ちゃんとピョンは、ゴムボートにつないである短いヒモをロープにまいて輪を作りました。ゴムボートを海水のところまでもって行けば、いよいよ出発です。

「よし、出発だ!」

 秀ちゃんと、ピョンが乗りました。

 コン太が押して、いよいよボートは四十島めざして海の上にすべりだしました。

「しっかりつかまっておくんだよ」

 秀ちゃんが最初にロープを引っ張ります。「ピョン、しっかりつかまっているんだよ」 ピョンは秀ちゃんのズボンを前足で握っています。秀ちゃんがロープを引っ張るとゴムボートがすいすいと進みます。流れがあるのロープが伸びて、ボートはまっすぐには進めません。それでも、ロープを引っ張ることによって、どんどんと四十島のほうに近づいていきます。

 沖に出るとさすがに波があります。ゴムボートがゆらりゆらりとゆれます。そのたびにピョンは秀ちゃんにしがみつきました。

「だいじょうぶだよ。ピョン」

「ああ、別に恐くはないがね。でも用心しておかなくっちゃあ」

「もう少しだ」

 四十島は目の前です。

「ピョン、ウサウサは見えないか?」

 秀ちゃんが言いました。

「うん、まだだよ」

 こう言ってピョンは秀ちゃんのズボンを強くにぎりしめて、うしろの足で、ゴムボートにしっかりとつかまっています。

「あ、見えた。ウサウサだ。間違いないよ」 ピョンは海の上であることもわすれて、元気いっぱいです。

「よし、もう少しだ」

 と言ったとき、ゴムボートが大きく傾いてもう少しで、ひっくりかえりそうになりました。

「おっと危ない!」

 こう言って、秀ちゃんはロープを強く握りしめて、足を軽く浮かせました。

「ああ、こわい」

「ピョン、もうだいじょうぶだよ」

 こんな会話が続きながらも、ゴムボートはやっと四十島にたどりつきました。

 波が岩肌を洗っています。ぬれた岩と乾いた岩の境目が大きなカーブを描いて、太陽の光に輝いています。

 ロープをゆっくりと引っ張って、波にゆれながら岩の上に、ゴムボートを着けました。足がつくくらいのところにきたら、すばやく降りないと、波といっしょに引き戻されてしまうのです。タイミングを見はからって、秀ちゃんはさっと飛び下りて、岩場の上に立つとゴムボートを手でしっかりもって動かないようにしました。

「よいしょっと!」

 無事、四十島に着いたものだから、ピョンはうれしくてたまりません。

「ピョン、早くウサウサをさがすんだ」

「うん、わかった」

 ピョンは岩を昇って、木の茂みの中へと消えていきました。その間に、秀ちゃんはゴムボートを波打ちぎわにあげておきました。

「秀ちゃん、ウサウサがいたよ」

「よーし、それじゃあ、ロープをほどいていいよ」

 ピョンとウサウサが松の木の根元にしっかりと結んであるロープをほどきました。

「さあ、この端をゴムボートにくくるんだ」

 秀ちゃんがゴムボートをもったままで言いました。

 ピョンはロープの端をもってゴムボートのそばによってきました。

「オッケイ、これでだいじょうぶだ!」

 ピョンが言うとすぐに、秀ちゃんはゴムボートをもって波打ちぎわへもどって行きました。ウサウサとピョンがついて行きました。「さあ、出発だ」

 秀ちゃんが言うと、まずピョンが乗り、秀ちゃんがウサウサを抱いてゴムボートに乗せてやりました。

 それから、秀ちゃんは両手でゴムボートを押しながら、足でおもいきり地面をけってからゴムボートへ飛び乗りました。

「よし、ロープを引っ張るんだ!」

 秀ちゃんが言うとすぐにピョンがロープを引っ張りはじめました。

 どんどんゴムボートは進みます。たぐりよせたロープをウサウサが輪にしていきます。ピョンはしっかりとうしろ足をゴムボートの中で支えていますから、波でゆれても心配ありません。

 岸辺のほうでもコン太が、ロープを引っ張りはじめたせいか、スピードがあがりました。ピョンの後ろに座った秀ちゃんも、一緒に引っ張ることにしました。

 どんどんゴムボートは進み、岬の平らな岩にたどりつきました。

 こうして、無事ウサウサを四十島からつれ戻すことができました。crystalrabbit

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする